Fusion PCBで基板注文

先月11月29日に$9.9でプリント基板を作ってくれるFusionPCBに注文をしてみました。
注文したのは先日紹介したリレーを使ったギミック用スイッチの上位版です。
EagleCadで作成しFusionPCBのデザインルールでチェックしたところ、Stop Maskというエラーが大量に出てどうしようかと思いました。これはどうやら白色のシルク印刷がはんだ付けするパ部分と被っているというもののようです。結局Stop Maskをすべて無視してそれ以外のエラーのみ修正して、ダメだったらその時はそのときでまた何か返事でもあるだろうと思いそのまま注文しました。
片面1層だったのでガーバーデータは片面分だけzipに詰めて注文フォームから送信しました。支払いはPayPalで済ませました。
そして12月5日に国際書留で発送され、昨日12月13日に到着しました。注文から到着まで2週間でした。
StopMaskのエラーは問題なく、ただパッドの上にはシルク印刷されないだけでした。

最小注文単位は10枚からです。ただ10枚の上は一気に50枚でした。
こんなに気軽に基板が作れるのはすごいです。こんどはアンプの基板を注文してみようと思います。

“Fusion PCBで基板注文” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    海外へ注文ですよね?
    ガラエポ両面スルーホール基板ですね。
    PCでのアートワークから海外への発注までこなしている事自体がすごいなぁ~と感心しています。
    自分も会社で両面スルーホール4層基板のアートワークはしていましたが、20年以上前で勿論手貼りでした。(^_^;)
    トレース紙にコピーしてライトテーブル(すりガラスの下から蛍光灯で照らす装置)の上で4枚のパターンを捲りながらチェックしていました。
    自分も再び始めようかと思案していますが、PCでのアートワークなど時代に付いていけないかと思いますので、その際には色々教えてくださいね。
    あっ!でも君に頼んだ方が早いかも?(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    片面1層の基板を油性ペンで書いていただけでも大変なのに4層基板を手作業でするとは驚きですね!
    PCでの配線作業はソフトに癖があってまだまだ不明な部分がありますが、未配線の部分が一目で分かるので操作の面で苦労してもそれほど苦になりません。
    海外への注文はホビキンに何回かあるのですが、毎回本当に届くのかドキドキしています。海外では発送後の追跡に掲載されるのに数日かかるのでさらに心配になりますね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    4層はコスト高ですがアートワークが逆に楽ですよ。
    内部の2層はVCCとGNDですから。
    まあ、なんせバブル時期の仕事でしたから。(^_^;)
    リハビリに時間が掛ると思うけど、なんとかがんばってみようかと思っています。
    基板の外注はずーと先になるのは間違いないのですがその時にはヨロシクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。